日大アメフト部タックル問題

日大アメフト部タックル問題

日大アメフト部 タックル問題

日大アメフト部問題は、2018年5月6日に行われた関西学院大学との定期戦において、
日本大学の選手が関西学院の選手に反則タックルをした事件です。

 

このタックルにより、関西学院の選手は頸椎損傷の重傷を負い、
全治3年を要する見込みとなりました。

 

2018年5月6日に関西学院大学との定期戦で発生した反則タックル
この事件を受け、日本大学は内田正人監督とコーチ2人を懲戒解雇処分とし、
選手を2018年度シーズン終了までの公式試合の出場資格停止処分としました。

 

また、日本学生野球協会は
日大アメフト部に1年間の公式試合出場停止処分と罰金の支払いを命じました。

 

この事件は、日本社会に大きな衝撃を与えました。
アメリカンフットボールの安全性や、大学スポーツの体罰問題などが議論されました。
また、日本大学の体制や指導体制にも疑問の声が上がりました。

 

日大アメフト部は、この事件を受けて体制改革を進めました。
しかし、2022年には部員3人が大麻所持で逮捕されるなど、
再び問題が浮上しました。
そして、2023年3月、日本大学はアメフト部を廃部とする決定を下しました。

 

日大アメフト部問題は、大学スポーツのあり方を問う契機となりました。
この問題を教訓として、大学スポーツの健全な発展が期待されます。

日大アメフト部 薬物問題

2022年8月に日大アメフト部員が大麻所持の疑いで逮捕されたことをきっかけに、
同部員の違法薬物使用が次々と発覚した問題です。

 

最初の逮捕者は、同年8月5日に学生寮で大麻や覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕されました。
その後、同年10月には別の部員が密売人から大麻を購入したとして逮捕され、
同年11月にはさらに別の部員が密売人から大麻を購入したなどとして逮捕されました。

 

日大は、これらの逮捕を受け、同年8月10日に部員の無期限活動停止処分を発表しました。
また、同年11月28日には、部員3人の逮捕を受けて、アメフト部を廃部することを決定しました。

 

この問題は、日大アメフト部が2018年に発生した悪質タックル問題から再建を図っていた中で発生したことから、世間から大きな批判を浴びました。
また、大学スポーツの健全性や、違法薬物問題に対する大学の対応のあり方などについても、
議論が巻き起こりました。

 

日大アメフト部タックル薬物問題は、大学スポーツのあり方を問う契機となりました。
この問題を教訓として、大学スポーツの健全な発展が期待されます。

 

以下に、この問題の概要をまとめます。
2022年8月5日:日大アメフト部員が学生寮で大麻や覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕される。
2022年10月:別の部員が密売人から大麻を購入したとして逮捕される。
2022年11月:さらに別の部員が密売人から大麻を購入したなどとして逮捕される。
2022年8月10日:日大が部員の無期限活動停止処分を発表。
2023年3月28日:日大がアメフト部を廃部することを決定。

 

この問題が大学スポーツのあり方を問う契機となったことは、前述の通りです。
また、この問題は、以下のような課題を浮き彫りにしました。

 

大学スポーツの指導体制の在り方
大学スポーツにおける違法薬物問題への対応
大学の体制や運営の透明性
これらの課題を解決するためには、
大学スポーツの健全な発展を図るための取り組みが重要です。

 

のちの裁判では 監督がもみ消してくれるなど、言っていたり、
薬物乱用していたのは 10人にも及ぶと証言している。

 

2022年4月1日からは、日大OBの中村敏英氏が監督を務めていましたが、
同年8月に部員3人が大麻所持で逮捕されたことを受け、
同年9月1日付で無期限の活動停止処分となりました。
goodcoach.jp 中村敏英は人材派遣会社の社長 隠ぺい社長ですね

 

日大アメフト部員が大麻所持の疑いで逮捕されたのは、以下の3人です。

 

北畠成文(きたばたけ なるふみ)容疑者(当時21歳、3年生)
野本拓哉(のもと たくや)容疑者(当時22歳、4年生)
堀俊哉(ほり としや)容疑者(当時20歳、3年生)

 

北畠容疑者は、2022年8月5日に学生寮で大麻や覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕されました。
野本容疑者は、同年10月19日に密売人から大麻を購入したとして逮捕されました。
堀容疑者は、同年11月25日に密売人から大麻を購入したなどとして逮捕されました。

ソフト闇金
inserted by 2nt system